NHK 2020アメリカ大統領選挙

NHK国際部のアメリカ大統領選挙やトランプ政権ついて伝える公式アカウントです。2020年11月に行われる大統領選挙に関する情報をツイートします。 ▼日々の国際ニュースはこちら→@nhk_kokusai▼利用規約です→http://nhk.jp/rules

東京都渋谷区
Joined on September 24, 2012
@nhk_US_Election Statistics

We looked inside some of the tweets by @nhk_US_Election and found useful information for you.

Inside 100 Tweets

Time between tweets:
4 hours
Average replies
3
Average retweets
44
Average likes
54
Tweets with photos
0 / 100
Tweets with videos
10 / 100
Tweets with links
0 / 100
Fun Fact

2012 brought an 800% increase in top TV show tweets.

「アメリカ=薬物まん延」。以前からあるイメージですが、ある薬物によって過去最悪の事態になっています。被害が深刻化している地区を訪ねると、薬物が普通の市民をむしばむ壮絶な現実を目の当たりにしました…
https://www3.nhk.or.jp/news/special/presidential-election_2020/ …
#NHKモバイル動画

「アメリカ=薬物まん延」。以前からあるイメージですが、ある薬物によって過去最悪の事態になっています。被害が深刻化している地区を訪ねると、薬物が普通の市民をむしばむ壮絶な現実を目の当たりにしました… https://www3.nhk.or.jp/news/special/presidential-election_2020/ … #NHKモバイル動画

8
169
260

「注目州」とは、アメリカ大統領選挙の勝敗の行方を左右する重要な州のことを指す。共和党が強い州は「red state=赤い州」、民主党が強い州は「blue state=青い州」と呼ばれる「赤」でも「青」でもない州は、選挙結果に影響を与えることから「注目」されている。

0
0
3

ネットや新聞には経済界が「ウォーレン大統領」の誕生を恐れているという見出しが躍る。しかし、実はことし1月から9月末までにグーグルの社員などが最も多く献金したのは、ウォーレン氏だ。なぜ、献金を行うのか、グーグルのエンジニア、マックス・ケインさんに話を聞いた。

0
4
11

野党・民主党の候補者レースで、支持を伸ばす左派のエリザベス・ウォーレン氏。 その公約はずばり、アマゾン・ドット・コムやフェイスブックといったGAFAとも呼ばれるアメリカの巨大IT企業の解体だ。本当にそんなことができるのか?(ロサンゼルス支局・菅谷史緒記者

0
4
3
アメリカでは薬物のまん延が過去最悪の事態になっています。過剰摂取による死者は年間7万人。これは交通事故や銃による死者数をも上回ります。1日平均200人近くが命を落とす薬物まん延大国の実態は…
https://www3.nhk.or.jp/news/special/presidential-election_2020/ …
#NHKモバイル動画

アメリカでは薬物のまん延が過去最悪の事態になっています。過剰摂取による死者は年間7万人。これは交通事故や銃による死者数をも上回ります。1日平均200人近くが命を落とす薬物まん延大国の実態は… https://www3.nhk.or.jp/news/special/presidential-election_2020/ … #NHKモバイル動画

28
579
591

アメリカでは、薬物のまん延が過去最悪の事態になっています。過剰摂取による死者は年間7万人。これは交通事故や銃による死者数をも上回ります。1日平均200人近くが命を落とす薬物まん延大国の実態は…

0
8
12

アメリカのIT大手グーグルは、検索履歴から利用者の志向などを推測し、広告主が特定の利用者に政治的なメッセージを発信できるサービスを見直すことになりました。有権者の一部を狙った広告が社会の分断を招いているなどとして、批判が高まっていることに対応した形です。

1
38
66

中国の李克強首相は国際金融機関の代表などと意見交換し、多国間の貿易体制の維持に向け連携を強化していくと強調し、貿易摩擦で対立を続けるアメリカのトランプ政権をけん制しました。

0
9
7

アメリカではいまAI=人工知能を手がけるスタートアップ企業が次々と生まれ、時価総額10億ドルを超える「ユニコーン企業」を目指す経営者たちが日々、開発にしのぎを削っています。年々競争が厳しくなるアメリカと日本の違いはなにか、本場シリコンバレーで取材しました。

0
12
14

抗議活動が続く香港、 24日に注目の区議会議員選挙が控えています。 アメリカ議会は、香港での人権と民主主義の確立を 支援する法案を可決。中国は強く反発しています。 前香港支局長の松田キャスターが なぜ中国は香港を手放さないのか 解説してます↓

12
32
66

「オハイオを制する者は全米を制する」 アメリカでは、これまで半世紀以上にわたり、オハイオ州で勝利せずに大統領になった例はない。そのオハイオ州で、長年、アメリカ政治を研究してきた、ヤングスタウン州立大学のポール・スラシック教授が今回、注目しているポイントは…?

0
2
3

アメリカ大統領選挙に向けた野党・民主党の5回目のテレビ討論会が、日本時間の午前11時から行われます。このテレビ討論会、実はとても大事なんです…

0
2
9

ワールドシリーズ初優勝を果たしたナショナルズ。ひとつのチーム内でも、アメリカ社会を象徴する「分断」が見られた。

0
0
0

トランプ政権は、地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」からの離脱を国連に正式に通告した。野党・民主党は厳しく批判し、来年の大統領選挙で温暖化対策は今後、重要な争点になりそうだ。 この議論の突破口になると、あることが注目されている…

0
0
1

アメリカの「胃袋」は、大統領選挙までもつのか!?

0
2
3

青vs赤。 この3年、トランプ大統領が、対立をあおった結果、アメリカでは二極化が進んでいる。この二極化が、今度の選挙の行方を大きく左右することだけは確かだ。いま、いったい何が起きているのか、その最前線の現場を訪ねた。

0
2
2

アメリカの議会上院は、香港での人権と民主主義の確立を支援する法案を全会一致で可決。中国政府は法案が成立すれば報復措置を取る構えで、中国との貿易交渉を重視するトランプ大統領が法案の成立に必要な署名をするかどうかが焦点になっています。

0
1
2

アメリカで生まれ育ったジャイアントパンダが、繁殖の準備のため、中国に返還されることになり、19日、首都ワシントンをあとにしました。返還はあらかじめ決められたことですが、地元の人は今の貿易摩擦の影響でパンダがいなくなってしまうのではないかと気をもんでいます。

1
7
14

候補者どうしが政策論争を戦わせるテレビ討論会は、アメリカの大統領選挙で大きな役割を担っている。なぜテレビ討論会は大事なのか?

0
1
3

温暖化対策の議論の突破口になるか注目されるのが、最近よく聞く、MMT=現代貨幣理論。その名付けの親として知られる、オーストラリア・ニューカッスル大学のビル・ミッチェル教授に話を聞いた。(国際部・山田奈々記者)

0
3
4
Next Page